カレンダー
Twitter

KIT-kyoto < > Reload

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/12 実験2

【時間】
9:00~18:00
【実験担当】
岩城,福山,竹内,臼井,足立
【実験名】
(1) pSB6及びpsB1(非パーツ)のプレカルチャー
(2) pGVBpttの電気泳動
(3) psB3K3(J04450)のトランスフォーメーション
【実験目的】
(1) pSB6A1(K121013)及びpsB1(非パーツ)のプレカルチャー
(2) pGVBpttが正しく制限酵素処理されているかどうかを確認するため
(3) psB3K3(J04450)のトランスフォーメーション
【実験内容】
(1) pSB6及びpsB1(非パーツ)のプレカルチャー
 DH5α-pSB6,DH5α-pSB1をそれぞれ液体LB培地(+amp)2mLで培養した
(2) pGVBpttの電気泳動
<組成>
pGVBppt 5μL
KpmI 1μL
HindⅢ 1μL
Buffer M 1μL
H2O 11μL
計 20μL
これを37℃で1時間インキュベートした
↓Loading Buffer 1μLを加えたものとマーカー(1kbp radder)を
 1% Agarose Gelのコームに流し込んだ
↓100Vで30分間泳動した
↓EtBr(10mg/mL)で20分間染色した
↓泳動結果を写真で撮影した
(3) psB3K3(J04450)のトランスフォーメーション
 psB3K3にSOCを0.9mL加え、DH5αにトランスフォーメーションした
 ↓37℃でインキュベートした(Overnight)

8/11実験練習

【時間】 9:00~18:00
【実験担当】岩城,福山,竹内,臼井,足立
【実験内容】
iGEM本部から送られてきたプレートの中から、今回実験には使用しないプラスミドDNAを用いて
電気泳動の練習を行った。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。