カレンダー
Twitter

KIT-kyoto < > Reload

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/17

【時間】 9:00~17:00

【実験担当】岩城,福山,古道,革島,吉村

【実験目的】
(1)pSB1A2(12-M),pSB1C3(3-A)のカットチェック
(2)pSB3K3,pSB6Aのミディプレップ
(3)コンピテントセルの調整

【実験内容】
(1)pSB1A2(12-M),pSB1C3(3-A)のシングルコロニーをピックアップし、それぞれ
  pSB1A2(12-M)→LB(+amp)(2ml)
  pSB1C3(3-A)→LB(+クロラムフェニコール)(2ml)
  に入れ、6時間ほど振とう培養。
  ↓
  それぞれをアルカリミニプレップ
  ↓
  制限酵素処理
  ・ミリQ 11μl
  ・Hバッファー 2μl
  ・DNA(pSB1A2(12-M),pSB1C3(3-A)) 5μl
  ・制限酵素(EcoRⅠ,PstⅠ) 各1μl
  ↓
  1時間37℃でインキュベート
  ↓
  電気泳動





【実験結果】
(1)バンドがはっきり見えたので、これらを大量培養する。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。